トップページ > サービスのご紹介 > 債務整理のセカンドオピニオン > 現状の債務整理業者では費用がかかりすぎていないか?

現状の債務整理業者では費用がかかりすぎていないか?

現状の債務整理業者では費用がかかりすぎていないか?

債務者の方が債務整理をしたいと思った場合、その費用についてはなるべく安く済ませたいと考えるのはごく自然なことです。今や債務整理を行うにあたって初期費用が無料と言うのが一般的。しかし、総合的な費用については業者によって総額が大きく異なっているのです。

とにかく安くは失敗の元

「とにかく安く」を突き詰めた結果、債務者は法テラスなどの公的機関に近いアドバイザーに相談することが少なくありません。しかし、法テラスの担当者が必ずしも債務整理に特化しているわけではなく、また法テラスそのものがあくまでもボランティア的な側面が強いため、徹底して真剣に債務者の問題を解決しようとしないこともあります。

この結果、任意整理で済むにも関わらず、自己破産を勧められ、それによって大きなリスクを伴ってしまうケースも否定はできません。同様、現在では初期費用無料で債務整理を受け付けている弁護士・司法書士事務所もごまんとあります。しかしそれだけが理由で債務整理を委任してしまうと、後々「もっと借金を減らせたのに」とか「もっと毎月の返済額を減らせたのに」と後悔している人もたくさんいるのです。

初期費用無料にはワナもある

「初期費用無料」の見出しが踊る債務整理業者は少なくありません。しかしそれは見も知らない人に「後払いや成功報酬で仕事をしてください」と頼むのと同じことです。

弁護士や司法書士は難しい試験を突破した人だけが得られる資格ではありますが、しかしだからと言って人間的に全幅の信頼を置ける人ばかりではありません。債務整理業者の中には面倒な債務整理と感じたのであれば「どうせお金をもらってないし」と放置をしたり、もっとひどい業者の場合、ほとんど何もせずに債務整理を終了させてしまい、結局債務総額に加えて債務整理の費用が追加され、借金だけが増えたりしたと言うケースすらあるのです。

とにかく最初に費用をかけたくない。その気持ちもよくわかります。ただし、それと同時に信頼の置ける業者を選び、過払い金や各種の減債交渉などを含め、総合的に一番借金が減らせ、かつキズの残らない債務整理を選ぶことが肝心なのです。

だからイストワール法律事務所のセカンドオピニオン

まず、債務整理を行える業者は弁護士と司法書士に限られます。また、弁護士と司法書士では一般的に弁護士の方が、値段が高くなる傾向があります。しかし、だからと言って弁護士事務所に委任した方が債務整理の質が上がると言うわけではありません。

弁護士にはそれぞれ得意・不得意な分野があります。刑事訴訟が得意な弁護士もいれば、M&AやIPOなどの企業問題に特化している弁護士もいます。このような弁護士に借金の整理を委任しても、断られることも少なくはなく、よしんば引き受けてくれたとしてもサラ金相手の交渉に慣れていないため、費用ばかりがかさんでしまい、思いのほか、借金が減らなかったと言うこともよくある話なのです。

イストワール法律事務所のセカンドオピニオンサービスでは、本当にそこが借金問題の解決が得意なのか、また初期費用も含めて、債務総額をしっかりと減らすことができているのかについて、ご相談を受付けています。

かけがいのない初期費用「千円」

なお、イストワール法律事務所では債務整理に関して初期費用として「千円」をお預かりしています。

これはお金をお預かりすると言うことで債務整理を放置したり、手抜きをしたりしないことの当所なりの決意の表明です。たとえ千円でもお金をお預かりすると言うことには大きな責任がかかります。それにより、イストワール法律事務所ではお客様からお預かりしたこのかけがえのない「千円」の重みを常に心に留め、一円でも多くお客様の借金を減らすことができるよう、日夜邁進しているのです。

もちろん、お客様としてもたとえ一円でも当所にお金を払ったのであれば、疑問点や不安点はもちろん、債務整理の進捗などについても堂々と当所に尋ねることができるはず。借金問題についてどこよりも詳しいと言う自負心は、同時にお金をいただくことの重みを誰よりも知っていることの証でもあるのです。

サービスのご紹介

お悩みの方、まずはお電話でご相談ください。 0120-67-3160 受付は年中無休 お急ぎの方は今すぐこちらから

▲ページトップへ