トップページ > サービスのご紹介 > 相見積をしてみる

相見積をしてみる

費用はもちろん、全部をしっかり天秤にかける。

『決め打ち』という言葉があります。マージャン用語で、最初の時点で「この役を作ろう」と決めてしまい、後は黙々と牌を引くだけのことです。

『決め打ち』はあまりうまくいきません。相手にこちらの行動を読まれたり、また思いもよらないハプニングが生じたり、もしくはせっかくがんばったのにお望みの役ができなかったりするためです。

債務整理も同じです。決め打ちはおすすめできません。家から近いから、テレビCMで有名だから、検索したらすぐに出てきたから。それで能力の高い弁護士に当たったらそれはラッキー。でも、決め打ちはあまりうまくいかないのがお約束です。

イストワール法律事務所では、債務整理を行うにあたり、他所との相見積もりもおすすめしています。相見積もりといえば、一般的にはどこが一番費用が安いのかを比較することといえるでしょう。

でも、イストワールがおすすめする相見積もりはそれだけではありません。

たとえば以下のようなものが挙げられます。

費用

気になるのはやっぱり費用感。借金で苦労しているのですから、費用はなるべくかけたくない。それが当たり前です。

イストワール法律事務所では、債務者の方のお気持ちをしっかりと勘案したその上で債務整理にかかる費用をご提案しています。当所の費用はけっして高くはありません。しかし飛び抜けて安いわけでもありません。
その理由はご相談者の方に最大限のサービスができるギリギリで費用を計算しているためです。

債務整理事務所を探せば、もしかしたらもっと安い事務所もあるかもしれません。でも、そのようなところであればあるほど「売らんがな」を念頭に、お役所的な手続きに終始してしまいます。たくさん顧客を「モノ」のように扱わないと採算が取れないためです。
当所はあくまでもお客さまが最大限満足していただけるサービスを念頭にしています。その総合的な視点こそが、当所の最大の強みでもあるのです。

過払い金

過払い金の返還請求で大切なポイントは2つ。

1

いくら返ってくるのか。

1

いくら返ってくるのか。

これは過払い金の返還請求をする際、誰もが思うところのはず。これについてはまずしっかりと相見積もり。行き当たりばったりの法律事務所に委任するのではなく、いくら返ってくるのかをしっかりと相談することで納得がいく結果を得られるはずです。

2

どこまで返ってくるのか。

2

どこまで返ってくるのか。

過払い金の返還請求で意外と知られていないのがこちらの点。多重債務で借金がいくつもあった場合、能力の低い債務整理業者によっては、過去の債務でも過払い金の返還請求を時効とみなしたり、手続きや交渉が複雑な消費者金融を除外したりすることが往々にしてあります。イストワール法律事務所は和解交渉や過払い金の返還請求に特化した法律事務所として、極限まで妥協なき交渉を続け、可能な限りのあらゆる債権者から過払い金の返還請求をいたします。

サポート

費用と並んで最も大切なものが債務整理におけるサポート能力。イストワール法律事務所ではご相談から受任と同時にワンストップですべての手続きを引き受けます。このため、債務者の方が面倒な手続きをする必要は一切ありません。

そして当所が手続きを進めている間、イストワールは他所とは一線を画する債務整理を行っているのです。

1

任意整理

1

任意整理

任意整理でしばしば生じるものは、強硬な債権者や裁判まで持ち込むしつこいサラ金の存在がまず挙げられます。能力の低い債務整理業者であれば、中途半端なところで和解を持込み、結果的に見えないところで債務者に負担を強いていることが少なくありません。
イストワール法律事務所はどこよりも妥協なき徹底交渉を行う上で、あらゆる債権者・サラ金の手練手管を知り尽くしています。任意整理を委任したお客さまが最も効果を得られるかたちで和解交渉を行い、満足のゆく結果をご提供いたします。

2

個人再生

2

個人再生

個人再生は現在安定的な収入を得ている人が対象となります。このため、理屈としては個人再生によってある程度の減債をすれば、まず生活は現状のまま、返済も完済までたどり着くという流れになるはずです。
しかし、サラ金をはじめとする債権者側は「なるべく大きく、なるべく早く」、債務者から借金を取り返したいと考えます。これに対して、債務者の負担をいかに軽減し、しかもしっかりと説得力のある骨太な再建案を債権者側に提案できるかが債務整理業者の能力を問われるところです。
とくに個人再生は免責不許可事由が存在しません。そのため、借金の理由によってときに債権者は「ギャンブルで借金したのだし」とか「レジャーで膨らんだ借金でしょう」と重箱の隅をつついてくることもあるでしょう。
しかしそれに対しても猛烈かつキッチリと反論ができ、その上で極限まで債務を圧縮し、返済期間を繰り延べる。これが個人再生における最も大切なポイントだということができます。

3

自己破産

3

自己破産

自己破産はとても繊細な債務整理です。借金がいくらあってもゼロに戻せるという非常に効力の高い債務整理であるため、裁判所もその理由について深く調べます。
一般的に自己破産の許可が降りない免責不許可事由には、ギャンブルや投資・ショッピングなどが挙げられます。しかし、この時点で「破産できないんだな」と諦めてしまうのは浅慮というもの。確かに能力の低い弁護士であれば「そんな理由じゃ、破産できません」とにべものなくはねのけるところもたくさんあります。
しかし、自己破産はたとえ遊興費であったとしても、必ず免責が降りないというわけではないのです。イストワールでは、あくまでも債務者の方が一番良いかたちになる債務整理をご提案しています。
また、ヤミ金などのようななかなか口に出しにくい借金も同様です。違法金融であっても、その借金問題が終わらないかぎり、債務者にとっては自己破産とはいえないはず。当所では口にしにくい借金問題も全部含めて「自己破産」。だからこそ確実かつ安全なサポートをご提供していると胸を張ってお伝えできるのです。

お悩みの方、まずはお電話でご相談ください。 0120-67-3160 受付は年中無休 お急ぎの方は今すぐこちらから

▲ページトップへ