トップページ > 任意整理とは > 任意整理のデメリット

任意整理とは

任意整理のデメリット

モッタイナイ
モッタイナイ

任意整理のデメリットを一言で言えば、 「しばらく借金できない」ことです。 後は何もありません。

借金さえしなければ、お金で悩むことはありません。 少しずつでも貯めていけば、いつしかお金持ちにもなれるのです。 それなのに、また借金するのはもったいないです。

「借金をなくそう!」と決意した。 それなのに「もう借金できない」なんて思わないでほしい。 イストワールはそう願っています。

任意整理はメリットが大きな債務整理です。しかし、もちろんデメリットも存在します。例えば任意整理を行うと、その後5年間は新たに借金ができなくなります。しかし、消費者金融からお金を借りている人は世間のうちのごく一部。ほんのわずかな少数派なのです。任意整理を行えば自然とそこに気づくはず。そうすれば、しばらくの間、お金を借りられないことそのものが、むしろお客様の人生再建に大きく貢献していることに気づくでしょう。

これ以上借金できないために生活が不安な方

クレジットカードの作成

任意整理を行うと5年間はクレジットカードの作成ができなくなります。これにより、例えば通信販売やネットショッピングがやりにくくなると言ったデメリットが生じます。しかし、例えば都市圏であればネットショップや水道光熱費などの支払いはコンビニで可能です。なにより、残債の返済期間において無駄遣いをしないで済みます。また、個人事業主や自営業など、ごく一般的な人でもクレジットカードを持ちにくい人々はたくさんいます。借金への第一歩であるカードを持たないことはむしろ笑顔になれる秘訣と言えます。

信用情報機関への記載

任意整理を行うと、5年間はその事実が信用情報機関に記載されます。これにより、消費者金融や商工ローンなどからの借入ができなくなります。しかし、一般的に消費者金融からお金を借りる人はあくまでも少数派。当たり前の生活に借金は不要なのです。

任意整理の交渉に不安のある方

委任された弁護士が直接交渉

任意整理は委任された弁護士が直接交渉にあたります。このため、債務整理に慣れていない代理人が担当になると、想定よりも和解後の残債が大きくなったり、また債権者側に都合の良い和解案を承諾してしまったりすることがあります。このため、信用の置ける債務整理業者を選ぶことが何よりも大切です。

そこでイストワール!

確かな実績:長年にわたる信頼と実績

イストワール法律事務所は長年にわたる債務整理に特化した法律事務所として、高い信頼と実績を培ってきました。一般的な交渉は当然のこと、威圧的な債権者や強硬な債権者など、あらゆるパターンに対応できるノウハウを誇っています。一切妥協のない突き詰めた交渉は、お客様の債務を極限まで減らすことをお約束いたします。

過払い金計算後の減額

一般的な債務整理業者の場合、利息制限法による過払い金の引き直し計算を行った後、さらなる減額は行えないことがほとんどです。また、過払い金の計算方法そのものが債務整理業者によって異なっていることも多々あります。同じ債務整理業者と言えども、債務整理に慣れていない弁護士と債務整理専門の業者とでは、計算後の残債に雲泥の差が出ます。

そこでイストワール!

イストワールの任意整理のキーポイントの一つが過払い金の引き直し計算です。他の債務整理事務所と同時に見積もりを取っていただければお分かりになる通り、あらゆる角度からお客様の利息を見直し、限界まで債務を減らします。

お悩みの方、まずはお電話でご相談ください。 0120-67-3160 受付は年中無休 お急ぎの方は今すぐこちらから

▲ページトップへ