トップページ > サービスのご紹介 > 債務整理のセカンドオピニオン > 期待どおりに債務が圧縮できていないみたい

期待どおりに債務が圧縮できていないみたい

期待どおりに債務が圧縮できていないみたい

債務整理を委任した後、業者に進捗を尋ねると「◯◯ファイナンスとの交渉が難航していますね」と言われたり、また「△△金融との和解はこのようなかたちになりました」と言われたりして、思いのほか減債できていないことが少なからずあります。

債務整理は法律によって厳正に定められているため、所定の手続きを踏んで交渉をすれば必ず予定通りに債務が圧縮できるように思われがちです。しかし実際のところ、債務整理とは人と人との微妙な駆け引きによって成り立っているのです。

サラ金会社にもそれぞれに特性がある

たとえば、サラ金会社にも一社一社に特性があります。和解交渉に簡単に応じるところもあれば、仮に債権回収ができなくなっても訴訟も辞さないところもあります。ある程度以上の和解条件を持ち出すとたちどころに態度が硬化するところもあれば、債権者側に雇われた弁護士が主に動くところもあるのです。

そのため、サラ金をはじめとする債権者との交渉に慣れていない債務整理業者が、サラ金のような海千山千の債権者と交渉をすれば、サラ金はすぐに債務整理業者の足元を見てきます

具体的な例を挙げると任意整理の場合、債権者から訴訟を起こされた時点でサラ金との交渉は失敗です。では、何のカードを用いて債権者に対して和解条件を持ち出させ、また相手側の案を蹴って債務整理業者の計画に則った妥協なき交渉ができるかと言えば、それはやはり債務整理業者個々のスキルやノウハウ・経験によります。

逆に言えば、スキルやノウハウのない債務整理業者が強硬な債権者と交渉をすれば、それはほとんど減債も繰延もできずに終わると言うことを意味しているのです。

だからイストワール法律事務所のセカンドオピニオン

イストワール法律事務所は、借金問題の解決について日本でもトップクラスの実力があると自負しています。それは同時に、債務の圧縮や繰延についてはどこよりも詳しいことでもあるのです。

だからこそ、イストワール法律事務所のセカンドオピニオンサービスにご相談頂いた場合、債務の圧縮や繰延についてお客様が委任している業者が、きちんと債権者と交渉をしているのか、スキルやノウハウがあるのか、一般的にはどれくらい圧縮ができるのかなどについてもお答えすることができるのです。

もしも「知り合いの業者に債務整理を頼んだのだけれど、きちんと圧縮できていないみたい」とお思いの場合、当所の無料相談フォームにてお問い合わせ下さい。本当にきっちりと交渉すればどこまで圧縮できるのかについても、しっかり丁寧にお返事いたします。

サービスのご紹介

お悩みの方、まずはお電話でご相談ください。 0120-67-3160 受付は年中無休 お急ぎの方は今すぐこちらから

▲ページトップへ