トップページ > サービスのご紹介 > 債務整理のセカンドオピニオン > 現状の債務整理を見直したい

現状の債務整理を見直したい

現状の債務整理を見直したい

今行なっている債務整理は本当にベストですか?

弁護士・司法書士などの債務整理業者が扱う債務整理の手法は、任意整理・個人再生・自己破産の3つに大別されます。しかし債務者の負債の状況によって、明確に「これ」と決められるものではありません。

たとえば、返済しきれないほどの多額の借金があれば大抵は自己破産と結論を下してしまいがちですが、どうしても連帯保証人に迷惑をかけたくないと言う理由があるのならば、任意整理を選ぶことも不可能ではありません。

一般的にスキルの低い債務整理業者ほど3つの債務整理の中から一つを決めつけて押し付けてきがちです。とくに法テラスのような無料相談の弁護士にはその傾向が強く、法テラスの弁護士が「自己破産」と決めつけて結論を下したにも関わらず、どうしても任意整理をしたいなどと言いはると向こうはその場で相談を終わらしてしまうケースもあります。

この理由は主に二つあります。それは、

1. 債務整理を引き受ける弁護士の交渉スキルがあまり高くない可能性がある

2. 法テラスを含め、ボランティア弁護士は基本的に「面倒事を嫌う」傾向が強い

ことが原因として考えられます。

1

債務整理を引き受ける弁護士の交渉スキルがあまり高くない可能性がある

1

債務整理を引き受ける弁護士の交渉スキルがあまり高くない可能性がある

弁護士・司法書士事務所によって交渉スキルはまったく異なります。たとえば過払い金の返還交渉については、引直計算によって算出される残債は事務所ごとに計算式が異なります。同様に債務整理についても複数の債務整理事務所で計算をすることで最も債務を軽減できる事務所を選ぶことができます。

加えて交渉スキルの低い弁護士・司法書士事務所は、債権者と交渉をするための方法を知らないため、海千山千のサラ金が相手になった場合、「この弁護士(司法書士)は借金の交渉に慣れていないな」と即座に足元を見透かされてしまいます。その結果、交渉のためのカードを著しく減らされてしまい、債務整理業者としては債権者からの訴訟を回避するため、相当な無理難題を債権者からのまされてしまうことになりかねません。

このような事態に陥ると債務整理業者は、交渉能力の低い事務所の烙印を押されてしまいます。借金問題に慣れていない債務整理事務所は、初めからこの事態を危惧しており、だからこそ腕の良い債務整理事務所ならば任意整理を行うことで、低いリスクで大きく借金を減らせるにも関わらず、債務者にリスクを負わせた自己破産などを勧めたがる傾向が強いのです。

知人などからご紹介を受けた弁護士・司法書士なども同様です。親しい人からのご紹介で親切な対応をしてくれることと、借金の解決についての能力は必ずしも一致しません。不安な点などがある場合にはまずは当所にご相談下さい。

2

法テラスを含め、ボランティア弁護士は基本的に「面倒事を嫌う」傾向が強い

2

法テラスを含め、ボランティア弁護士は基本的に「面倒事を嫌う」傾向が強い

債務整理業者はとても忙しいものです。法テラスは基本的には時間にある程度余裕のある弁護士が当番制によって行なっています。だからと言って弁護士としての債務整理の能力が必ずしも低いとは言えませんが、中には疑問符のつく債務整理手法を勧めてくる人がいることも事実です。

また弁護士・司法書士は必ずしも誰もが借金の整理について詳しいわけではありません。たとえば企業法務に詳しい弁護士や知財などに詳しい弁護士・離婚問題や刑事訴訟に強い弁護士もいます。このような弁護士に対して、難易度の高い借金問題の相談をした場合、弁護士としても「わかりません」とは言いづらいことでしょう。その結果、弁護士側から見て最もリスクが低く、面倒事が回避できる債務整理として自己破産を勧めてくる可能性も否定できないのです。

このように、一概に債務整理ができる弁護士・司法書士と言っても、実は複雑な要因が絡んでくるため、本来であれば低いリスクで、楽に余裕をもった返済ができるはずだったにも関わらず、弁護士・司法書士側の都合によって、大きなリスクを負った債務整理を強く勧められたり、また思いのほか、借金が減らずに債務整理が終わったりしてしまうことも少なくないのです。

だからこそイストワール法律事務所のセカンドオピニオン。借金問題の解決においては日本でも突出したスキルを自負している当所だからこそ、お客様にとって常にベストの債務整理手法をご提案できると確信しています。

サービスのご紹介

お悩みの方、まずはお電話でご相談ください。 0120-67-3160 受付は年中無休 お急ぎの方は今すぐこちらから

▲ページトップへ